So-net無料ブログ作成
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

シャプティエの会のススメ その2 [のんとろっぽ]

m.chapoutier.gif

今回会で味わうワインはエルミタージュHermitageのものです。
現在シャプティエ社の所有する80ha以上の葡萄畑の中でも、
本拠地であると言えるでしょう。

carte_vallee_rhone.gif


ではまず、白ワイン
Hermitage "De Orèe" blanc 1997
エルミタージュ ”ド・ロレ” ブラン

vin_19_e.gif


AOC : (H)ermitage
AOC取得 : 1937年3月4日

葡萄品種 : マルサンヌ 100%
         平均樹齢60~70年以上のの古い木により
         品質が保たれている。

土壌    : ”ド・ロレ”の畑はミュレ村にある。石灰岩の痕跡から
         非常に古い河川や氷河の沖積土壌が見られる。

醸造方法 : 非常によく熟した葡萄の房を手摘みにより収穫。
        (手摘みだからよく熟した葡萄を扱えるのではないか?)

         圧搾後(これも機械が入らず、たるに足を突っ込んで行う)、
         デブルバージュ(泥などのごみを取り除くこと。たいがいの大手メーカーなどは
         遠心分離機などにかけて取り除く)を
         液温を下げて(菌の繁殖を防ぐため)重力より、
         つまり自然に沈下するのを待って24時間かけて行う。

         酵母はその畑につく、野生酵母のみ。新たに添加はしない。

         全体の半分は新樽、残りはタンクにより醸造される。

熟成    : 頻繁な試飲により、熟成が見守られ、
   (愛を感じます・・)
        樫樽による熟成期間や瓶詰めなどが検討される。 

水色    : 輝きの強く映る、わらのような緑色の映える輝く黄色。
         徐々に鮮やかな黄金色へと進化。

鼻     : ミネラル、白い果実、杏、蜂蜜などとともに麝香の香り。
        情熱的でありながらバランスの取れた香り。

口     : バランスの取れたフルーツの酸味とミネラルとの心地よさ。
        最終的にはブリオッシュや、エルミタージュの鉱物による香り。

・・・・・・・・飲みたくなった?
次回は赤ワイン、パビヨンについて☆



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 1

yuka

yumiちゃんの買ったBernardinについても
今度時間のあるときにアップするよ!
いいワイン買ったね!
by yuka (2009-03-11 17:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。